沿革



1912年  5月 鳥仙商店(食品卸売業)創業
1948年  2月 株式会社鳥仙本店設立、中央店を開店
1958年10月 中央店にセルフサービスを導入し、本格的スーパーマーケットチェーンの経営を開始
1960年  2月 商号を株式会社とりせんに変更
1973年  8月 館林市下早川田にプロセスセンターを新設し、生鮮食品のセントラルパッケージ方式を採用
1974年  2月 館林市下早川田に本社を移転
1975年  3月 本社敷地内にディストリビューションセンターを併設した本社屋新設し、移転
1975年11月 株式会社西群馬とりせんを合併
1976年10月 衣料品部門を導入した小山店を開店し、コンビネーション型の店舗展開を開始
1979年  1月 ショッピングセンター1号店として西那須野店を開店
1982年10月 小桑原店に生鮮食品のインストアパッケージ方式などの新システムを採用し、1号店として改装開店
1986年  6月 衣料品のロードサイド店舗としてサントリア伊勢崎店を開店、サントリア店の多店舗化を開始
1988年  4月 食品ディスカウントストア1号店としてビッグジョイ足利南店を改装開店
1990年12月 POSシステム全店導入完了
1992年10月 群馬町店SMを600坪型1号店として増床開店
1993年10月 ドラッグストア1号店としてビックリー堀米店を改装開店
1995年  7月 酒類ディスカウントストア1号店としてビックリカーズ館林東店を開店
1997年12月 新業態ミスタードーナツ1号店加須ショップ開店
1998年  2月 創立50周年
1999年 3月 ミスタードーナツ2号店として富岡ショップ開店
1999年 8月 発泡スチロール減溶プラントを本社敷地内に設置し、リサイクルへの取り組みを強化
2000年 4月 新業態コインランドリーエムズ朝日町店(2号店よりせんたく広場に改称)開店
2001年 9月 とりせんファーマシー株式会社設立
2001年11月 株式会社サントリア設立
2002年 5月 創業90周年
2003年 2月 会社創立55周年
2003年12月 とりせん館林物流センター稼動
2004年 8月 省エネによるCO2を削除する「ESCO」事業の取組み開始
2005年11月 オール電化の店舗、茂呂店をオープン
2006年 3月 東京電力よりESCO事業によるCO2削減を評価され「CO2削減証明書」を足利南店他21店が受領
2007年10月 太陽光発電システムを設置した城西の杜店をオープン
2008年 2月 会社創立60周年
2009年 9月 環境マネジメントシステム「エコアクション21」を本社及び館林市内、太田市内、大泉町内の10店舗が取得
2010年 1月 環境マネジメントシステム「エコアクション21」の認証取得が評価され、館林市環境賞を受賞
2010年12月 環境マネジメントシステム「エコアクション21」を全店舗が取得
2011年 2月 群馬県育児いきいき参加企業認定制度において群馬県知事賞を受賞
2011年 3月 マイバッグ・マイバスケット持参運動の推進のため、お買い物袋持参値引きを開始
2011年 4月 東日本大震災義援金を日本赤十字社に寄託
2012年 5月 創業100周年
2013年 5月 創業100周年を記念し、館林市内教育施設40施設に合計1,429冊の図書寄贈